ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

成長ホルモン分泌不全性低身長症とは

 皆さんは成長ホルモン分泌不全性低身長症という病気を耳にしたことはありますか?一昔前までは小人症という総称で呼ばれていた時もありました。(差別用語だという意見もあり現在の呼び名になりました)


■早い時期に見つけることが重要
 成長ホルモン分泌不全性低身長はその長い名前の通り、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンの量が少なくなり、成長障害を起こして身長が伸びない病です。最終身長は130cm程度とされています。症状は身体の成長が遅れ始めるだけで、知能の遅れなどは見られない為、早めに見つける事が難しいとされています。しかし身体の成長を促す治療を行う為、なるべく早い時期(10歳頃まで)に治療を始めるのが良いとされています。それ以降の治療になると治療の効果が薄くなってきてしまいます。この病気の原因の5%程度は脳の腫瘍などである場合がありますが、残りの90%以上は原因不明により起こるものです。

 
■発見のポイントは成長曲線というグラフを付けること
 では成長ホルモン分泌不全性低身長を見つけるにはどうしたら良いでしょう。まずお子さんの成長グラフをつけることです。母子手帳の中にもありますね、成長曲線というものです。これをつけることによりお子さんの身長の伸び具合が一目でわかります。⇒低身長賞の判断基準
 伸び具合がグッと遅くなったり、学校での背の順でどんどん前へいくような場合は一度調べてもらうと良いかもしれません。かかる病院は小児科でも良いですが、小児内分泌科が専門です。また、最近では低身長症を専門とする病院などもあります。
低身長専門病院 きりんクリニック
 

■治療方法は成長ホルモンの接種
 検査をするとほとんどの場合問題ないようですが、もし成長ホルモン分泌不全性低身長と診断されれば、1日1回自宅で成長ホルモンの注射をする治療が行われます。注射といっても皮下注射で、今は針のない(圧で注射する)ものもあるそうなので特に問題視する事はないと思います。早い時期から治療をする事によって、治療をしない場合に比べて通常の身長にかなり近づく事ができます。


自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響