ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

成長ホルモンを分泌する運動

 適度な運動が成長ホルモンを分泌させるということはわかりましたが、ではどのような運動が成長ホルモン分泌に効果的なのでしょうか?運動にも種類がありますよね?有酸素運動?無酸素運動?どのような運動をすれば良いのでしょう。


■無酸素運動が成長ホルモンの分泌により効果的
 成長ホルモンを分泌させやすい運動、それは【無酸素運動】です。有酸素運動との大きな差は、有酸素運動が弱い力が長く身体に働き続ける運動である事に対し、無酸素運動は瞬間的に大きな負担がかかる運動だということです。無酸素運動の代表格は筋肉トレーニングや短距離走などです。ボディビルダーの方々は無酸素運動を行う事で成長ホルモンを分泌させ筋肉をつけています。


■筋肉の付け過ぎはダメ、縦方向の動きがある運動がイイ
 ただし、成長ホルモンには筋肉を作りだす他に身長を伸ばす作用もありますよね?しかし身長は必要以上に筋肉がついてしまうと伸びにくくなってしまいます。ですから成長期に無理な筋トレなどを行うのはオススメできません。身長を伸ばしたいのであれば、ストレッチや水泳などで血流を良くして成長ホルモンを全身に巡らせられるようにし、縄跳びやバスケットなど縦方向への動きがある運動を行うのがベストだと思います。縄跳びは飛び方によっては無酸素運動の効果も多少ありそうですし、成長ホルモンを分泌させながら縦方向への運動もできて、より効果的ではないかと思います。


■無酸素運動は難、有酸素運動OK
 プロの知識の元で無酸素運動と有酸素運動をうまく取り入れれば身長は伸びやすいかもしれませんが、下手に無酸素運動にかたよってしまうと身長の伸びを邪魔する筋肉がついてしまうかもしれませんので、身長を伸ばしたいなら無酸素運動ほどではありませんが成長ホルモンも分泌され、さらに身長を伸びやすくする動きの含まれた有酸素運動をしていく事が良いのではないかと思います。


自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響