ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

低身長症の判断基準

 低身長の判断は、同年代の同性と比較して、平均りも一定の割合以下の場合となります。身長(-2SD以下)もしくは年間の身長の伸び(-1.5SD以下)で判断します。(ちなみにSDというのは標準偏差の事で、身長の平均値からどの程度離れているかという値です)これにあてはまると低身長と診断され、治療を受ける事ができます。


■年間の成長率で判断する
 1年間の身長の伸び具合が-1.5SD以下の場合、低身長となります。1年前との身長差が、下記表の対象年齢・性別の「-1.5SD」欄よりも小さい場合に低身長と判断されます。
成長率-15SD.png



■平均身長で判断する
 身長が平均値よりも-2SD以下の場合、低身長となります。現在の身長が下記の表の対象暦年齢・性別の「-2D」欄よりも小さい場合に低身長と判断されます。
男女-2SD.png



自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響