ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

成長期と身長

 身長はいつ伸びるか?男の子ならだいたい中学生くらいでグンと伸びますよね?ではなぜその時期に急激に身長は伸びるのでしょうか?それは子供の成長期と深く関わっています。


■成長期と思春期
 成長期とは簡単に言えば『身体がまだ未熟な状態で、成長を続けている時期』という事です。医学的に言うと骨の成長に必要な骨端線が残っている時期までの事をいいます。個人差もありますが17、8歳くらいまでですね。そしてその中でも身長の伸びに必要な成長ホルモンがたくさん分泌される思春期が男の子の場合中学生くらいに訪れるといえます。だから中学生くらいで一気に身長が高くなる子がいるわけですね。


■成長ホルモンがたくさん分泌される思春期
 ちなみに先程も書きました通り、成長ホルモンがたくさん分泌される時期というのは『思春期』の事ですが、その時期にグッと成長するということからその時期の事を一般的に『成長期』と呼んでいます。思春期が終わると同時にホルモンの分泌も減り、身長の大幅な伸びもほぼ終わります。

 
■成長期(思春期)はとても大切な時期
 ということで、身長の高い、低いというのは成長期(思春期)の生活面や、思春期に入るタイミングなども関係しているようです。もちろん成長期ではなくとも身長は伸びますが、成長期の場合1年間で10cm伸びる子もいるくらいなので、成長期はとても重要な時期といえます。

 
■思春期はいつごろ?
 ちなみに男の子の成長期突入は13歳、14歳ですが、女の子の場合は10歳、11歳くらいといわれています。働く女性の増えている近頃は、女の子もある程度の身長が欲しいという方が増えています。成長期の最中と、成長期を迎えるまでが身長を伸ばすカギですから、女の子の場合は早めに親御さんがサポートを開始する事が大切になってくるようです。



自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響