ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

成長と骨端線の関係

 どのようにして身長が伸びるのか、皆さんご存じですか?子供の身長を伸ばしてあげたいと思うのであれば、そのメカニズムを知る事も重要な事だと思います。


 

■骨端線から伸びる骨・身長

 身長が伸びるということは、骨が成長するということです。子供の頃、長い骨の両端には『骨端腺』という部分が存在しています。これは軟らかい軟骨でできている部分で、ここで骨の元となるコラーゲンの繊維質を作りだしているそうです。ですからこの部分なくして身長は伸びないということになります。しかしこの骨端腺、思春期の終わり頃になると活動を停止して軟らかい軟骨から固い骨へと変わってしまうのです。そうなるともう骨の原料を作る事はできなくなります。ですから思春期が終わると共に身長の伸びもほぼ終わるということなんですね。


 

■成長ホルモン・栄養・運動・睡眠が活性化の元

 骨端腺を活性化させる為には成長ホルモンをたくさん分泌する事が大切です。その為にしっかり栄養を摂り、適度な運動、たっぷりと質の良い睡眠をとる事が必要だと思います。



■骨端線のある時期を大切に

 ちなみにこの骨端腺、なくなるまでに個人差があり、女性、男性共に20代前半まで残っている事もあるそうです。(レントゲンを撮ると黒く映るのですぐわかります)ですから思春期が終わったからといって100%身長が全く伸びなくなるという事ではないといえます。骨端腺がなくなるまではしっかりサポートしてあげる事も大切です。身長を伸ばす事ができるのは、骨端腺のある時期しかありません。長い人生において身長が伸びる時期は本当に一瞬なのです。その一瞬を見逃さず、後悔のないようにサポートしてあげてください。

 





自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響