ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

身長の伸び方とその時期

 子供の成長は十人十色、同じ時期に『うちの子は小さいな・・・』と思っていても、1年後にはあっという間に追いついたというケースもありますよね。そして身長が伸び始める時期や伸び終わる時期も人それぞれ、それはなぜなんでしょうか?

 
■成長期はラストスパート
 伸びる時期に個人差がある理由としてあげられるのは、グッと身体の成長する思春期(俗に成長期と言われています)を迎えるタイミングにあります。もちろん思春期以外には身長が伸びないのかと言われるとそうではありません。それまでも身長は徐々に伸びていますが、思春期は身長の伸びのラストスパートと言えます。ですから思春期が終われば身長の伸びもほぼ終わるんですね、ということは思春期を遅く迎えれば迎える程身長は高くなるともいえるのです。その思春期を迎える平均年齢は男の子で12歳前後、女の子は10歳前後とされています。

 
■成長スピードは人それぞれ
 ちなみに身長の伸び方も人それぞれ、1年で10cm伸びる子もいれば1年で5cmの子もいます。それは成長ホルモンの分泌率や骨端線の残り方にもよりますし、思春期が長く続くか早く終わるかなどにもよります。先程も書いたように、思春期を遅く迎えると長く身長が伸びる時期が続く事から、晩成型の子ほど伸び方も良いように感じられるでしょう。


■思春期もしっかりサポート
身長の伸びを良くしたくても、思春期に入ってしまえばそれはラストスパートでありラストチャンスになります。ただ、どのような伸び方をするかはなってみなければわかりません。思春期に入ってしまったからといって諦めず、親としてはその時期だからこそしっかりとした睡眠と食事でサポートしていくべきだと思います。

 

年齢別の年間成長率 (情報元:スクスクのっぽくん )成長率.png


自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響