ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

年齢別の平均身長と体重

  最近は日本人の平均身長が伸びてきているということで、もちろん子供の平均身長もグッと伸びてきています。あるデータによると、50年前の小学一年生の平均身長と、今の小学一年生の平均身長は、約8cmも異なります。

年齢別平均身長・平均体重・平均座高 (情報源:スクスクのっぽくん )平均身長体重座高無題.png

 現在の子供の平均身長はどれくらいなのでしょう?例えば6歳くらいですと約116cm。ちなみにこの時期は女の子と男の子の差はほとんどありません。しかし15歳頃になると男女の身長差が大きく。15歳の男の子の平均身長は約168cm、女の子は約157cmです。およそ10cmも違いますね。この差は男の子が13歳、14歳頃からグッと身長が伸び始める事で出てくるようです。女の子の伸び幅は12歳、13歳頃から急ブレーキをかけたようにゆるやかになります。

 

 子供の平均身長を見てどうでしょう?私が思ったのは、今の時代は身長の高低差がかなりあるのではないかということです。私が学生時代でも高い子はとんでもなく高かったですし、低い子はとても低かったです。男の子でも180cmくらいある子も多くいますし、逆に150cm台の子も多くいました。数十年前ってこんなに子供たちに身長差ってあったのかな?って単純に思いますね。このように大きな差がある為に、身長が高い子が良く見られるという状況が作られるので、逆に身長が低い事への『強いコンプレックス』というものが生まれてくるのではないでしょうか。

 

 ちなみに、子供の平均身長というものはあくまで目安です。身長が伸びる時期は本当に個人差がありますので、参考程度に見るくらいで丁度良いと思います。



自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響