ページトップ

うちの子、背が低いかも・・・? そう思いの親御さんも多いのではないでしょうか。このサイトでは子供の身長を伸ばすことを目的に特集を組んでみました。

低身長症とは

『低身長』これだけ聞くとただ背が低い事を言っているように思いますが、主に低身長とは病的原因があって背が伸びない事を指して言います。そして低身長には様々な原因があります。

  まず低身長の定義として、同年代の同性と比較して、平均値よりも-2SD以下の場合、もしくは1年間の身長の伸び具合が-1.5SD以下の場合というものがあります。(ちなみにSDというのは標準偏差の事で、身長の平均値からどの程度離れているかという値です)これにあてはまると低身長と診断され、治療を受ける事ができます。

■低身長の原因は様々
 低身長になる原因は様々で、成長ホルモン分泌不全や思春期遅発症、思春期早発症、ターナー症候群、軟骨異栄養症、甲状腺機能低下症など・・・その他様々な原因があります。

愛情遮断性低身長
 少し気になる原因に愛情遮断性低身長というものがあります。これはストレスやコンプレックスによる低身長であり、名前の通り親の愛情を受けられなかったり、両親が不仲であったりした場合に起こるものです。一見病的ではない印象ですが、これも病的要因の1つとされています。環境を改善する事で治療できるそうです。 

ターナー症候群
  聞いた事があまりないものですとターナー症候群、これは染色体異常による低身長で、女性だけに起こり、さらに2000人に1人の割合だそうです。軟骨異栄養症は生まれつきの骨の病気で、治療せずに放置すると男性は130cm程度、女性は120cm程度が最終身長となるようです。


  このように低身長には様々な病気が隠れています。お子さんの身長が低いかなと心配な場合は、こちらの判断基準を参考にして、一度調べてみると良いかと思います。


自然に成長ホルモンの分泌促進
HGHデルタバランス
お菓子感覚でカルシウム補給
カルシウムグミ
成長に必要な栄養素を凝縮
スクスクカルシウム
肉や魚・大豆やナッツに多く含まれるアルギニンが体内での成長ホルモンの分泌量を増やす働きをします。外部から摂取するのでなく体内で作り出す自然な形の成長ホルモンなので安心です。子どもたちの大好物なお菓子であるグミにカルシウムなど成長に必要な栄養をバランスよく配合しました。子供たちも手軽にお菓子感覚で食べることが出来ます。カルシウム・マグネシウム・亜鉛などを成長に必要な栄養素をバランスよく配合、食事で不足しがちな栄養を補います。水なしでも美味しく食べれるココア風味の顆粒タイプ。
 


 
アルギニンをタップリ摂取
成長期応援サプリメントDr.Senobiru
dr-senobiru.jpg
アルギニンをタップリ5000mgも摂取できる子ども向けサプリメント、加えて、成長成分であるα-GPC・ポーンベップ・オルニチン・シトルリン・ビタミンB群などの栄養素もバランスよく配合。疲労対策に効くクエン酸も配合。

▲ページトップへ

為替の動きが損益に影響